海外旅行保険で補償できる

リスクを最小限に

海外旅行は予期せぬトラブルの連続でいつ、どこで自身が事故に巻き込まれるかわかりません。そのため、海外旅行に行く際に海外旅行保険に加入する必要があるのです。海外旅行保険に加入していると、どんな費用が補償サービスの対応になるのか?その費用について、説明していきます。

補償サービスに対応する費用

相談

疾病治療費用

日本にある海外旅行保険会社の調べによって、最も請求が多いとされているのが、疾病治療費用になります。この疾病治療費は健康に関するトラブルで、現地の環境や気候の変化や飲食物の違いなどで病院で治療を受けることから発生します。日本では大したことがない疾病治療費用ですが、海外では処置を受けるだけで数百万円にも及ぶ、治療費が請求されるといいます。そのため、海外旅行保険において一番、請求が多いのです。

救援者費用

先述した疾病治療費用に関連するのが、救援者費用になります。救援者費用は自身が怪我や病気で入院した際に親族や家族を現地に呼び寄せるための交通費や医師・看護師の付き添いなどにかかる費用になります。また、現地から国内に帰国するときに、保険会社に負担してもらう金額も、救援者費用になります。この救援者費用は国によって、金額がバラバラで、高いところでは莫大な金額を請求される可能性があります。

偶発事故変更費用

海外旅行で予期せぬトラブルに巻き込まれたりすることで、やむを得ず支払うことになった費用が偶発事故変更費用なります。例えば、飛行機が何らかの不備があり、出発を翌日に見合わせたとします。当然、そうなるとその日に泊まるホテル代や食事代が発生するわけです。しかし、海外旅行保険に加入していると、ホテル代や食事代をはじめとした諸経費を、偶発事故変更費用として負担してくれます。また、自身の怪我や体調不良の際のキャンセル費用の負担も偶発事故変更費用として扱われます。

携行品損害

海外旅行保険が補償してくれるのは、治療費やキャンセル費だけではありません。海外旅行保険では、海外旅行で破損した所持品の修理代も補償してくれます。特に、海外ではカメラや携帯電話などの機器は盗難されるケースが多いです。そのため、この携行品損害を適応する方も多いのです。しかし、携行品損害で対応できるものが少ないので、保険に加入する際は事前に確認しておきましょう。

海外旅行保険に関する記事

相談

補償サービスに対応する費用

海外旅行保険で、補償してくれる費用について知っておきましょう。海外旅行保険で対応できる費用は一般的な治療費から救援者費、そして、キャンセル費など様々です。こちらから費用について、チェックしましょう。

READ MORE
広告募集中